5月休日版フォローのご報告


みなさん、こんにちは!

じめじめと湿度が高い日が続いております。そろそろ入梅しそうな気配ですね。


ご報告が遅くなりましたが、5月休日版フォローのご報告です。


今回のフォローはいつものメンバーさんのお休みなどがあり、二人でのフォロー会となりました。メンバーさんが多い時は多い時の、少ない時は少ないなりの、濃く深い学びを今回も得ることができましたよ☆


今回のエピソードは1歳のお子さんの困ったなぁという行動について一緒に考えていきました。毎日過ごしているとお子さんとの生活の中で、たくさんの「困ったなぁ」という場面に遭遇すると思います。


子どもの不適切な行動。その目的って何でしょう??

アドラー心理学では、人々の行動には目的があると考えています。


子どもの不適切な行動にも、必ず理由があります。


私たち親や大人は、子どもの困った行動に出くわすと、「この悪い行動をどうしたらやめさせられるだろうか?」と考えて子どもと接することが多い気がします。

けれどもパセージでは、「よい行動をどうしたら増やせるだろうか?」と考えて、適切な行動を増やすことを目標にして「勇気づけて」いくんです。



第1章で学ぶ、子どもの不適切な行動への対応の仕方。


小さいお子さんだと、その行動を不適切だと知らないでやっているかもしれない。不適切だと知っているけど適切な行動を知らないだけかもしれない。適切な行動は知っているけれど、失敗してしまうことを恐れて臆病になって不適切な行動をしているかもしれない。

目の前の我が子の子の困った行動はどんな目的があるのかな?というところに注目してみると、次の一手がおのずと見えてきます。


と同時に、

私が子どもにこの場面で伝えたいことって何だろう?

という方向からも自分の行動の目的を見つめてみると・・・


「なーんだ!こんなことを伝えたかったんだ」と分かり、今まで感じていたマイナス感情が落ち着くこともあります。


子どもはいつでも協力的です。マイナス感情に気づいたら、クールダウンする。そうして「勇気づけ」の構えを作って、落ち着いて子どもに伝えてみる。

そうして伝えた後どんな風かな?と見届ける。


そうやって少しずつ確実に一歩一歩、子どもを勇気づけていきたいな♪と思えるエピソードでした。


今回も素敵な学びをありがとうございました^^


さてさて次回は、

6/30(日) 9:15~11:45

生涯学習総合センター@大宮 7Fです!

またみなさんとご一緒できることを楽しみにしておりますね。


アドまち!さいたま💛

わたしたちは、"家族みんなの身体と心のリフレッシュ"を目的に活動をしています。 身体のリフレッシュ って? 屋外活動や自然に触れ合う体験など楽しいイベントを月一ペースで企画しています。 心のリフレッシュって? 日頃から育児に不安や疑問を抱いている事をシェアしながら、[アドラー育児]という共通言語を通して同じ考えの方々との時間をシェアし育児について、アドラー心理学を通して学んでいきます。

0コメント

  • 1000 / 1000