10月平日版フォローアップ

みなさま、こんにちは!

10月に入り、今年も残すところあと3か月を切りました。

平日版のフォローアップでは、運動会が雨で延期となったりしたところが多かったため、今回は3名(+2名)のメンバーさんとともに学びを進めていきました!



今回のみんなで考えていったエピソードは、年長男子くんの虫歯にまつわるエトセトラ。

甘いものはなるべく減らしてほしい、乳歯が虫歯になってしまったのでそこから歯のケアも学んでほしい・・・そんなエピソードでした!


パセージ育児では、「いつも〇〇なんです~。」「〇〇で困っているんです~。」というレポートで考えるのではなく、「ある日あるところのある一回だけ起こった」エピソードをみんなで具体的に考えていきます。

具体的に考えていくのはなぜかというと、同じお話でも親の対応によってお子さんお子さんでどんな風に感じるかは全然違ってくるので、ロールプレイなどをして現場を再現し、その時の感じを確認していくためです。


グループで学ぶ醍醐味はここにもあります!

いろんなお子さんの感じをみんなでワイワイ話しながら、この時わたしコドモくんはこう感じた~。わたし2コドモくんはこう感じた~といろんなお子さんの感じ方をみんなでシェアして、子育ての行動面の目標に向かっていくために、まずもう少し心理面の目標を感じてもらうためにはどんなことができるかな?と考えていくんです。


その場を体験しながらその時のムスコくんはどんな風に感じたかな?と考えていってみたら、どうやら、やることがいろいろたくさんありすぎてなぜそれをやらなくてはいけないのかよくわからない。全部やるのは大変。などなどと思っていそうでした。

では、子育ての目標に向かっていくためにどんなことができるかな?


自然の結末・・・?

いやいや、結末についての話し合いかな?

まず、子どもの話を聴いてみよう。

そもそも誰の課題かな?

「私は"自己管理″の能力がある」と感じてもらえるようにお手伝いできるかな?


・・・などなどでました。

そして、エピソードでの場面は、単純に「失敗=忘れていた」だけな可能性が高そうなので、忘れていることをお伝えすることがまずできそう。

そして、お互い体が緩んでゆったりしているときに、「ねぇねぇいまお話しできるかな?」と心の扉をノック(共同の課題にしてくれるように提案)して、お話しすることができそうだよね、という代替案が出ました。

最後にロールプレイで、話すときの練習をしてみて、できそうです!やってみます!とのことでまたフォローでそのあとのお話を聴けそうです^^

やってみてうまくいかなかったらまた作戦会議で練り直しもできます。


いつでも戻れる場がフォローの集まりです。

今日ご一緒した皆さん、小さいお人たちもご協力ありがとうございました!


次回の平日フォローは決まり次第またおしらせさせてください。

お母さん・お父さんの居場所はいつでもここにあります^^

ご興味ある方はぜひ遊びにらしてくださいね!!



アドまち!さいたま💛

わたしたちは、"家族みんなの身体と心のリフレッシュ"を目的に活動をしています。 身体のリフレッシュ って? 屋外活動や自然に触れ合う体験など楽しいイベントを月一ペースで企画しています。 心のリフレッシュって? 日頃から育児に不安や疑問を抱いている事をシェアしながら、[アドラー育児]という共通言語を通して同じ考えの方々との時間をシェアし育児について、アドラー心理学を通して学んでいきます。

0コメント

  • 1000 / 1000