アドラー茶話会⑨開催しました

みなさまこんにちは!

秋の気配が漂っている最近、皆様いかがお過ごしですか?

この間公園に行ったら落ち葉がもうひらひら舞い落ちていて、季節がうつろいゆくのは早いなぁとしんみりしてしまいました。


今日は、アドまち!さいたまのサークルメンバーと新しい方とお子さんたち合わせて7名で一緒に茶話会でおしゃべりをして、ちょっと感じたしんみりを吹き飛ばしてきましたよー!

本日のテーマは、おなじみこちらの本から

『「ほめる」「しかる」は子どもをダメにする?』

ほめない、しからない、勇気づけの育児ってどんなもの?というのをわかりやすく簡単に、皆さんの実際の子どもとのかかわりの中での疑問を通しながら、テーマに沿ってお話していきました。

まずはじめに参加者皆さんが先週のミニ講座に参加された方だったので、先週から今週まで暮らしてみてどうだったかな~?と一週間を振り返ることからスタートしました。

一番多かった感想が、

「発達段階でできることとできないことが分かって子どもに対するまなざしがやさしくなりました」

ということ。

そうしていたらお子さんがあまりぐずぐずしなくなったような気がします。

一週間心穏やかに過ごせました。というメンバーさんもいらっしゃいました。

「子どもをみる」の大切さをお話を通して感じました!


これって罰ですか?賞と勇気づけの違いって・・・?と質問が出たり、発達のお話は今日のテーマの中にも本から引用してお伝えさせていただきました。

それぞれの方のお話からいろいろ考えることができましたー!


☆参加者の方からのご感想です☆

「ほめる」「しかる」ではなく、「勇気づけ」を再かくにん!「発達に合わせた...」も再かくにんできた。子に求めすぎていました~汗(Eさん)


発達段階に合わせた勇気づけについて学ぶことができ今後の子どもとの関りで意識していこうと思いました。(Mさん)


賞の与え方について、もんもんとしている部分があったので、少しスッキリしました。これからいろんな方法をためして、子どもと一緒に学んでいけたらいいなと思います。(Yさん)


皆さんありがとうございました!!


次回予定は・・・10月15日(月)@美園コミュニティセンターにて

少しでも気になる方、一度遊びにいらしてくださいね(^^♪

お申込みはこちらから▶

アドまち!さいたま💛

わたしたちは、"家族みんなの身体と心のリフレッシュ"を目的に活動をしています。 身体のリフレッシュ って? 屋外活動や自然に触れ合う体験など楽しいイベントを月一ペースで企画しています。 心のリフレッシュって? 日頃から育児に不安や疑問を抱いている事をシェアしながら、[アドラー育児]という共通言語を通して同じ考えの方々との時間をシェアし育児について、アドラー心理学を通して学んでいきます。

0コメント

  • 1000 / 1000