9月休日版フォローアップ


みなさま、ご無沙汰しております。

関東では早いところだと先週から、ゆっくりのところでも今日から学校スタートという地域は多いのではないでしょうか?

夏休みいかがお過ごしでしたか?


我が家では、パセージ育児のおかげもあってか!?親もゆったり休めるのんびりとした夏休みとなりました!夏休みといえばきになるのが子どもの宿題などなど。

9月に入りたてのフォローアップでは3名のメンバーさんと、夏休みの課題あれこれとわが子に関するエピソードでみんなでわいわい「勇気づけ」のやり方を探していきました!


今回考えていったエピソードは、小5男子の夏休みの課題と家族のかかわりについて。

宿題に対してどんなスタンスをとっていくかは家庭かていでそれぞれのやり方があって、コレ!という答えはありません。答えはないけど、宿題ってそもそも誰の課題・・・?そんなところから出してもらったエピソードの絡まった糸を一つ一つほぐすように丁寧に紐解いて考えていきました。


「宿題」は誰の課題?・・・→「子どもの課題」。

では子どもの課題の中で親子で一緒に取り組む共同の課題となっていること、親の期待や不安など入った親の課題や頼まれたことで親の任務などとなっていることにはどんなものがあるんだろう。


どうやらお子さんの様子を見ていると、お母さんが学んでほしいことはなんだか学んでいなそう・・・?では、どんな風にしたら学んでほしいことをまなびつつ、親子で一緒に成長できるように協力できるかな?


【今の具合が悪いところは・・・?】

・やっぱり、感情的になって少しのマイナス感情で伝えたら伝わらないよね。

・お子さんの強みや資質・素敵な側面を考えていったらどうやらすでに自分の課題と認識して取り組もうとしているから必要なのは信頼することでは?

・お母さんが一番伝えたいことはどうやら知らなそうだから、今だったら伝えられそう?


【どんなことが代わりにできる?】

・この場面だったら、いつでも困ったときは手伝おう気持ちはあるよ。「困ったときは言ってね」と伝えるだけでOKかも。

・やるべきことをやろうとしているから忘れていなかったんだよね。

・お母さんの気持ちは明日の家族会議の場で伝えることはできるかも!

「手伝わなくてもいいといわれていたことに(一人でやるといっていた)口を出してごめんなさい。息子君の決めたことをもっと尊重すべきだった。」と失敗は謝る。


ということをみんなで頭を突き合わせて考えました!

エピソードを出してくれたメンバーさんは翌日さっそく実践してくださり、お子さんはやっぱり!?宿題は一人で全部終わらせていたし、お母さんの失敗を「わかったよ」と言ってくれたそうです。


今この場にいると(んもーっ!!)と思うことも一年前のわが子と比べるとできることがたくさん増えていて必ず成長しているはずです。親としてお手伝いしていたことも、徐々に子どもの課題をお返ししていくには、こちらのお任せるするという心構えがとっても大切だなアと感じたエピソードでした!

今回も有意義な時間ありがとうございました。


次回の休日版は、10月14日(日)13:30からです。

(詳しくはEVENTをご覧ください)

ご興味ある方はお問い合わせから✉お待ちしています!

アドまち!さいたま💛

わたしたちは、"家族みんなの身体と心のリフレッシュ"を目的に活動をしています。 身体のリフレッシュ って? 屋外活動や自然に触れ合う体験など楽しいイベントを月一ペースで企画しています。 心のリフレッシュって? 日頃から育児に不安や疑問を抱いている事をシェアしながら、[アドラー育児]という共通言語を通して同じ考えの方々との時間をシェアし育児について、アドラー心理学を通して学んでいきます。

0コメント

  • 1000 / 1000