第6回アドラー茶話会開催しました!

新年度始まった初回の茶話会。

お久しぶりの方もはじめましての方も、大人3名子ども4名で開催しました!


子育てしていると、いつも真摯にぶち当たる自分と相手との違い。イライラの感情。

その違いが、子どもが小さければ小さいほど分からなくて、こんなに一所懸命がんばっているのに、報われない思い…感じたことはありませんか?


そんなときに、支えとなるのがアドラーの学びの<目標>を掲げること。

自分の頭だけで考えていても、自分の主観の中でしか物事を考えられないので、目指す先はどうだったかな?と自分の立ち位置をまず確認します。



この時、子どもに学んでほしいことはなんだったのかな?

自分はどうしたいのかな?


そんな考えを言葉にしてみて初めて自分はこんなことを考えていたんだった!と気づくことも多いです。


そして、次にすることは?

それはアドラー心理学に基づく子育て「パセージ」が掲げる子育ての目標にむかっているかな?と確認すること。



//

・うんうん、むかってそう!

・いやいや、これは親の私の期待だったかも・・・。

・むかってそうだけど、でも、うーんちょっと違う感じ。

\\


そんな風に点検して、アドラーの教えに道を正してもらったら、さあ親子共に成長していくためにはどんなことができるかな?と具体的に考えていきます。



その時、まずポイントとなるのは<親の感情>



体の感じ、どうですか?

どんなことを考えていますか?


まず固くなった体を緩めましょう~。


きっと自分が嫌だなぁと思うこの場面にも子どものよい意図・素敵な力・思いがあるはず。

子どもだけでなくても親御さんにも。


自分で気付いたりメンバーさんに出してもらったり。そんなふうに言葉にしていくと、



ひょっとしたら子どもはこんなことを考えていたのかも?

これは当たり前と思ってスルーしていたけど、当たり前じゃなくて感謝できることだった。

こんな風に言ってもらえるのも関係性が良かったからなんだ・・・。

この子の行動の目的はもしからしたらこうなのかも。



といろんなことを気づくことができます。



アドラー心理学では、「人間が感情を使うのであって、感情が人間を使うのではない」と考えます。
イライラしたり不安になったり・・・私たちは、そんなマイナス感情を完全になくすことを目指してはいないんですよ^ ^

え?じゃあどうするの?

それは、その感情を使って、相手に何かをやめてもらったり/してもらったりするのではなく、別の方法でお互いに協力的な関係を気づいていきませんか?ということを提案しているんです^^


自分のマイナス感情が出るパターンを知れたり、この時に子どもにはこんな考えがあったんだ!と気付いたり、マイナス感情を使う以外のやり方をしれたら・・・とっても素敵だと思われませんか?



今回の茶話会では、そんなお話をワークと資料を使ってみんなで考えていきました。

なかなか全部お伝えするのは難しいのですが、何か一つでも掴み取っていただけたら嬉しいです。



でもでも、もっと知りたい!

そんな方は…、

具体的にパセージで学ぶことができます^ ^


私自身も、<体験>で学んで身になっているのを感じています。

なので、この機会にぜひ私たちと一緒に、新しい子育てのやり方を学ぶ一歩をすすめてみませんか?


来月からさいたまでもパセージを開催予定です。

締め切り間近の日曜までとなっています。ぜひ一緒に始めましょう^ ^




ご参加いただいた皆様ありがとうございました!


次回は微調整中ですが、5月17日(木)AMの予定です。

ぜひお気軽にご参加ください!

お申し込みはこちらから

アドまち!さいたま💛

わたしたちは、"家族みんなの身体と心のリフレッシュ"を目的に活動をしています。 身体のリフレッシュ って? 屋外活動や自然に触れ合う体験など楽しいイベントを月一ペースで企画しています。 心のリフレッシュって? 日頃から育児に不安や疑問を抱いている事をシェアしながら、[アドラー育児]という共通言語を通して同じ考えの方々との時間をシェアし育児について、アドラー心理学を通して学んでいきます。

0コメント

  • 1000 / 1000